ライターの部屋

日々の出来事や思いついた事などを綴っていきます

アメリカ大豆アンバサダーアワードが、アメリカ大豆を100%使用した豆腐を表彰した。

アメリカ大豆輸出協会日本事業所では、2016年10月15日(土)に開催された
第2回全国豆腐品評会「アメリカ大豆アンバサダーアワード」の
受賞作品を発表しました。

豆腐と言えば日本を代表する食べ物ですが、世界ではヘルシーな食べ物と言うことから
日本食がブームを呼び、すしや豆腐は世界の多くの人々に食されています。
また、食の安全性も見直されており、日本国内の豆腐に使われている原材料は年間で約50万トン弱であり
そのうちの輸入大豆は80%、アメリカ大豆はその52%と豆腐作りには欠かせない事が分かります。
その為、アメリカでは高品質で豆腐に加工適性のある非遺伝子組み換え大豆を
日々研究しており、また環境に配慮した大豆作りに取り組んでるそうです。

ussecでは、そんなより安全で安心なアメリカ大豆を100%作るように保証できる制度を作っています。
また、日本の美味しい豆腐を作り続けていけるように「アメリカ大豆アンバサダーアワード」を創設し
日本の食卓を支えていく方針だと言う事です。

ちなみに、2016年アメリカ大豆アンバサダーアワードを受賞したのは、「さとの雪」だそうです。

「~日本一旨い豆腐を決める~第2回全国豆腐品評会」 優秀賞においてアメリカ大豆アンバサダーアワードが決定! アメリカ大豆を100%使用した豆腐を表彰


全世界が食の安全性を考えてる事は素晴らしい事ですしこれから先も安心して食べる事が出来るよう
期待したいところですね。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事



スポンサーサイト