ライターの部屋

日々の出来事や思いついた事などを綴っていきます

日本の夜景を観光資源に! 2016年度(第12回)「日本夜景遺産」新規認定地を発表!

世の中には、日本文化遺産とか世界文化遺産・・・と
たくさんの認定場所がありますが、日本夜景遺産と言うのはご存知でしょうか?

そもそも夜景遺産の遺産とは、
優れた夜景とそれを鑑賞できる場所(夜景観賞地)の関係性を
後世に残して行く・・・と言う意味が込められた事による名称だと言う事です。
そんな後世に残せるほどの「夜景遺産」にはとても興味が持てます♪
20016年8月3日(水)、一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューローでは、
2016年度(第12回)「日本夜景遺産」の新規認定地を決定しました。
これは、夜景マイスター(夜景検定1級の有資格者)による投票及び現地調査・
申請確認等を経て、厳正・厳密に選定されたものです。

今年新たに追加された夜景遺産地は8箇所で
自然夜景遺産には、静岡県静岡市の「日本平」!
大分県中津市の「八面山」!
また、施設型夜景遺産では、東京の「東京スカイツリー」と
大阪の「あべのハルカスの展望台・ハルカス300」!
ライトアップ夜景遺産では、丸の内のイルミネーションと長野県の「いいやま灯篭祭り」!
そして、熊本市の「熊本暮らし人まつり・みずあかり」
九州地方の夜景遺産が2か所も選ばれたのは嬉しいですね!
ぜひ、皆さんにも足を運んでいただきたい地です♪
そして最後に歴史文化遺産として、秋田市の「横手の雪まつり」です

日本には美しい夜景が見える場所がこんなにあるのですね!
全てを回り切れたらどんなに素晴らしいことでしょう!
皆さんも日本夜景遺産巡り・・・いかがですか!
興味のある方は是非、日本夜景遺産をご覧ください!

日本の夜景を観光資源に! 2016年度(第12回)「日本夜景遺産」新規認定地を発表!

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

スポンサーサイト